TS Lupo | VW Lupoのページ

2003年〜2006年まで、Volkswagen Lupoに乗っていました。そして当時TS Lupoというクルマのサイトを運営していました。Wordpress化してからアクセス解析をすると、現在でもLupoをキーワードに、またyamjunさんのブログほか当時リンクしていただいていたページから訪れて頂いている方が居ることが分かりましたので、その頃の思い出話を少々。

VW_Lupo_01_Hiruganokougen2005
2005年頃 ひるがの高原にて ローダウンしてGTIホイールを付けていました

就職して、学生時代から憧れていたVW、そして自由に使える「自分のクルマ」が欲しくて買いました。しかし、購入後すぐにLupo GTIの日本導入が決まったり、もう一つ候補にしていたNew BeetleのTurboにもMTが設定されたりと、購入を急ぎすぎて失敗した感じはありました(T_T)

納車されて走り回ってみると、高速安定性の良さにはホントに驚きました。クルマ買うまでは母親の軽とかに乗ってましたから、別次元の印象でした。長距離走っても快適でしたので、良い遠出の友になって、3年で5万Km走りました。当時のVWの高品質化路線に乗って、ベーシックカーではあるけれど、シートや樹脂パーツの質感の良さも気に入っていました。とはいっても、内装の一部は鉄板むき出しで、僕は上手くデザインして仕上げてあると思っていましたが、この辺は意見が分かれましたね。・・・というより、国産派な人からは全否定ぐらいの勢い(^^;;

難点は・・・というと、とにかくパワー不足。ATのせいもあるんでしょうけれど、遅かったです。雑誌で「必要十分なパワー」って書かれるのは、どういう意味かわかりました(^_^;;) 結局これが不満で手放すことになりました。この頃のVWベーシックカーは一番車重に対してパワーがない時期だったように思います。Lupo購入時に候補にしていたPolo 1.4はもっと遅かったですから(^_^;;

他はブレーキの効きが信じられない悪さ。GolfとかVW買った人のレビューから期待していたので、悲しかったです。おそらくダストが多い苦情に答える形で日本仕様に低ダストパッドが付いていたと思うけれど、コレがダメ。わざわざ日本仕様はインチアップブレーキ付けているのに意味ありません。
足回りは、高速の安定性はずいぶん良かったけれど、低〜中速域はバタバタ音を立てながら動きが悪く、激重の日本仕様インチアップタイヤも疑問でした。

このLupo、Golfとか他のVWに比べるとコストダウンなのか各部品のサプライヤーは違って、ライト、エンジンECUはイタリア車御用達のマニエッティマレリー製(当時のVWはヘラーのライト、ボッシュモトロニックECU)、ショックアブソーバーはモンロー製(Polo以上はザックス)、窓ガラスはPilkington製(ほとんどはSEKURITと書かれたサンゴバン製)みたいな。
当時行っていたプロショップでAlfa-Romeo 147 GTAを買った人が「電装品のほとんどがボッシュでドイツ車と変わらんよ!」とか言っていたけれど、その逆でした(^_^;)
もう一つの謎はVINコードから読み解くとベルギー工場製でしたが、ボディもエンジンも至る所にMADE IN GERMANYって刻印されていて謎でした(まぁ自由に行き来出来る隣の国ですけど)。

3年乗って、5万Km走り回り、ネットを通じて色々な方と知り合いましたが、若さ故かパワーが欲しく、MT車に乗りたかったので、車検を前に手放しましたm(__)m

当時の写真をいくつかどうぞm(__)m

当時使っていたデジカメはNikon COOLPIX 775っていう、学生時代に買った廉価機(200万画素)。今画像見ると悲しい画質で・・・(T_T) 2005年にはEOS Kiss Digital Nになって画質はずいぶん良くなりましたが、その頃になるとオフ会参加とかも増えて、あまりクルマの写真撮ってなかったですね(^_^;)

Lupoを手放した後、少しだけ後日談があって、当時行っていたショップ店長がUSSオークションで僕のLupoを発見。凹んでいたリヤフェンダーも修理した上で買取+数万円(たぶん買取店赤字!)で落札されていった様子。しかも、店頭に並んでいるのを当時のクルマ仲間が発見したりで、業界は狭いようです(^^;; その店では売れなかったようで再度USSに出てくるわけですが、この時の落札価格は、僕の買取価格の1.5倍!これには、車検前に慌てて手放した自分に愕然としました。中古車業界の一端をみて勉強になりました(^^;; (中古車屋は1ヶ月在庫しているだけで儲かることもあるという事実にも驚きました)

タイヤの話題

ところで、yamjunさんのBlogからリンクでお越しいただいている方の多くは、タイヤの話題からのようですので、そのお話。

2006年にTS Lupoを閉鎖するまで、Lupo Comfort純正の185/55R14、インチアップサイズの195/45R15、GTI純正の205/45R15の各種タイヤを調べて掲載していました。情報など当時のままですが、再掲しておきます。2015年の今となっては懐かしい銘柄も多いですね(^_^;)
※注:当時のままですので、誤植があっても当時のままです。

・185/55R14(Lupo Comfort標準、GTIインチダウン)2006年1月

メーカー 銘柄 速度
記号
タイヤ
標準
リム幅
許容
リム幅
タイヤ
グレード
コメント
MICHELIN ENERGY XH1 H 194 6 5~6.5 Comfort 純正装着
MICHELIN ENERGY 3 H 194 6 5~6.5 Comfort  
DUNLOP FORMULA W-1 SPEC-R V 195 6 5~6.5 Sport やっと、生産終了
DUNLOP DIREZZA DZ101 V 191 6 5~6.5 Sport  
TOYO-TIRES TRAMPIO Vimode V 188 6 5~6.5 Sport  
TOYO-TIRES TRAMPIO 08R V 192 6 5.5~6.5 Racing コンパウンド2種類あり
ADVAN DNA GP V 190 6 5~6.5 Sport  
ADVAN DNA S.drive V 194 6.5 5~6.5 Sport  
ADVAN A048 V 197 6.5 5~6.5 Racing コンパウンド4種類あり
Continental ECO Contact CP H 194 6 5~6.5 Comfort  
BF Goodrich Profiler G H 194 6 5~6.5 Sport  
FALKEN ZIEX ZE512 V 190 6   Sport 旧型です
BRIDGESTONE POTENZA G III V 194 6 5~6.5 Sport 生産終了
BRIDGESTONE POTENZA RE-01 V 193 6 5~6.5 Sport  
BRIDGESTONE POTENZA RE540S
TYPE-GS/ TYPE-R
V 191   6~6.5 Racing コンパウンド2種類あり
BRIDGESTONE POTENZA RE55STYPE-SR2 V 192   5~6.5 Racing  
BRIDGESTONE REGNO GR-8000 V 190 6 6~6.5 Comfort  
BRIDGESTONE Playz V 192 6 5~6.5 Comfort  
Pirelli P6000 H       Sport(?)  

2015年現在でもこのサイズの販売は続いているようですが、Sport–Racing系のタイヤが中心なのは変わりませんね(理由はEP82,EP92スターレット ターボ車純正サイズだから)。日本導入がなかったLupo FSIは175/60R14が設定でしたので、14インチの別の選択肢として使えますね(スタッドレスは、175/60R14で使ってました)。

・195/45R15(Lupo Comfortインチアップ、GTIの別選択肢)2006年1月

メーカー 銘柄 速度
記号
タイヤ
標準
リム幅
許容
リム幅
タイヤ
グレード
コメント
MICHELIN Pilot Exalto V 195 6.5 6~7.5 Sport 販売終了。ヨーロッパではExalto2に移行したけれど日本向けはPilot Precedaで設定なし。
DUNLOP LEMANS LM702 ZR 197 6.5 6~7.5 Comfort  
ADVAN AVS Sport V 198 6.5 6~7.5 Premium プレミアムスポーツ系
ADVAN DNA GP V 196 6.5 6~7.5 Sport  
ADVAN DNA ECOS W 197 6.5 6~7.5 Comfort  
TOYO TIRE TRANPATH
MP SPORTS
ZR 195 6.5 6~7.5 Sport ミニバン用(by TOYO TIRE)
TOYO TIRE PROXES T1R V 195 6.5 6~7.5 Sport プレミアム系?
Continental Sport Contact V 195 6.5 6~7.5 Sport ドイツではSports Contact2があった。
Goodyear EAGLE LS2000 ZR 196 6.5 6~7.5 Sport  
Goodyear EAGLE F1 GS-D3 V 195 6.5 6~8 Sport プレミアムスポーツ系
Goodyear EAGLE F1 GS-D3 ZR/W 201 6 5.5~7.5 Sport 生産終了
FALKEN ZIEX ZE512 ZR 196 6.5   Sport  
BRIDGESTONE POTENZA GIII ZR 195 6.5 6~7.5 Sport 生産終了
BRIDGESTONE B500si ZR 196 6.5 6~7.5 Comfort  
BRIDGESTONE Playz W 195 6.5 6~7.5 Comfort  
Pirelli P5000 DRAGO V       Sport(?) 生産終了?
Pirelli DRAGON V 195     Sport P7000の後継らしい

2015年現在ではほとんど生産終了になって、TOYO PROXES T1R、Goodyear EAGLE LS2000、DUNLOP LM703、YOKOHAMA DNA ECOSほか、NANKANG、FEDERALといったところでしょうか。

・205/45R15(Lupo GTI純正)2006年1月

メーカー 銘柄 速度
記号
タイヤ
標準
リム幅
許容
リム幅
タイヤ
グレード
コメント
BRIDGESTONE Playz W 206 7 6.5-7.5 Comfort  
TOYO-TIRE PROXES T1R V 207 7 6.5-7.5 Sport  
DUNLOP SP Sport 2000 V ? ? ? 純正装着。ドイツでは185/55R14、195/45R15もあり
DUNLOP SP Sport 8000 V ? ? ? 日本でも入手できるらしいが、真相は不明(出来ないらしい)。
DUNLOP SP Sport 9000 ZR/W ? ? ? 日本では入手不可。ドイツでは195/45R15もあり
DUNLOP SP Sport 2040  ? ? ? ? ’04年式から純正装着?

2015年現在ではカタログにTOYO PROXES T1Rが残るだけ。ヨーロッパのDUNLOPサイトで検索してみても該当なしになって、販売は終了してしまったようです。

・スタッドレスタイヤ 2006.1現在

メーカ サイズ 製品名 速度 リム幅 コメント
MICHELIN 185/55R14 X-ICE Q 6 2004年から新登場。
MICHELIN 175/60R14 X-ICE Q 5
BRIDGESTONE 185/55R14 REVO 1 Q 6 2003年登場。
BRIDGESTONE 175/60R14 REVO 1 Q 5
BRIDGESTONE 175/60R14 BLIZZAK MZ-03 Q 5 REVO 1も設定しているが、今年も継続してラインアップ。
DUNLOP 185/55R14 GRASPIC DS-2 Q 6 DSXは2005年から発売。DS-2は2002年から。
DUNLOP 175/60R14 DSXNEW!! Q 5
YOKOHAMA 185/55R14 ice GUARD IG10 Q 6 2005年からは、IG20が登場。IG10は2003年から。
YOKOHAMA 175/60R14 ice GUARD IG20NEW!! Q 5
TOYO TIRE 175/60R14 GARIT G30 Q 5  
FALKEN 175/60R14 ESPIA EP-03 Q 5  
Goodyear 175/60R14 ICE NAVI NH Q 5  

スタッドレスは現在も変わりませんが、185/55R14より175/60R14方が種類も多く、新製品にスイッチするのが早くかったので、両方TS Lupoで紹介していました。私のLupo Comfortでは175/60R14で、ブリヂストンMZ-03→REVO1を装着していました。スタッドレスは2,3年で新製品に変わって、毎年どこのメーカーが良いかは話題になっているのは今も変わりませんね。