パリ・スイス旅2014 -3日目- 後半 ベルン市に寄り道

2014年8月にパリ・スイスへ旅した記録です。
3日目はパリからTGVに乗ってスイスへ移動します。
グリンデルワルトまで行く途中で、ベルン市旧市街へ寄り道しました。
その後半編です。

路面電車に驚きのベルン旧市街を観光

本場のレッドブル飲んでみました。味そのものは無茶苦茶違うわけでもないですね
本場のレッドブル飲んでみました。味そのものは無茶苦茶違うわけでもないですね

ベルン駅に降り立ったら、とりあえずスーツケースが邪魔なのでコインロッカーに預ける。こっちのコインロッカーはでかいので、海外旅行用の大きいケースでも楽々入った。早速、旧市街へ。時間あまりないので有名な時計台を目指すことに。

石造りの街並みを歩くがパリとは変わって、彫刻の装飾はなくなってさっぱりとした感じに。スイスの赤い花がキレイ。それとパリとは変わって街がとてもクリーン。日本近い感じでホッとします。
スイスといえば、窓の赤い花!
スイスといえば、窓の赤い花!
ベルンの街は路面電車がすごい。旧市街の中を次々に通過していきますが、中には路面電車と見せかけてトロリーバス!日本では激レアの乗り物がこっちでは当たり前のようです。一部の区間では路面電車とトロリーバスの軌道をを共用しているのが興味深いですね。
ベルン市路面電車
ベルン市路面電車
有名な時計台ツィットグロッゲ。16世紀から時を刻んでいるとか。
有名な時計台ツィットグロッゲ。16世紀から時を刻んでいるとか。
複雑です。
複雑です。
時計より気になるのはトロリーバス(^_^;) 一部区間は路面電車の軌道と共用していることが興味深いです。
時計より気になるのはトロリーバス(^_^;) 一部区間は路面電車の軌道と共用していることが興味深いです。
途中、お土産を求めて店に入ったり、時計台を眺めたり、途中下車してみて、ホントに良かったと思います。
全然観光時間足りないまま、列車の時間が迫っているのでベルン中央駅へ。またいつかゆっくり訪れたいですね。スタバでコーヒーをテイクアウトする。スイスマグがあって買おうか迷ったが、後ほどの機会にすることに……だが、この判断はミスった。スタバへ行く機会はなく帰国したので「マグは見つけた時が買い時」は変わりませんね。
ベルン中央駅は現代的な建物。
ベルン中央駅は現代的な建物。
ソラリー式の大型案内板は雰囲気満点ですね。
ソラリー式の大型案内板は雰囲気満点ですね。親切かどうかというと、ちょっと疑問ですが(^_^;)
解説してみました
解説してみました

IC2000客車でインターラーケンへ

ベルンからは、インターラーケンオストまで乗車。来た客車はIC2000形という2階建の客車。ホームから見るとホントにデカい。巨大なおかげで、車内は狭苦しくない出来。
インターラーケンオストまでは、トゥーン湖沿いを進む。ホントにのんびりとした風景で良いですね。
自転車ラックが付いたバスがリゾートっぽいです
自転車ラックが付いたバスがリゾートっぽいです
トゥーン湖
トゥーン湖。二階建て客車のおかげて良い見晴らしです。

終点インターラーケンオストに到着すると、ベルナーオーバーランド鉄道に乗り換え。

インターラーケン・オストに到着
インターラーケン・オストに到着
ここでベルナーオーバーランド鉄道に乗り換えです。
ここでベルナーオーバーランド鉄道に乗り換えです。

いよいよ、今回の旅のメイン、グリンデルワルトへ!

今日の目的地グリンデルワルト目指します。乗り換えはスムーズで、ホントに便利です。ラウターブルンネン行きの列車と併結なのでかなり端まで歩かされましたけど。

シーニゲプラッテ鉄道は明後日のお楽しみ!
シーニゲプラッテ鉄道は明後日のお楽しみ!

列車出発すると、グリンデルワルト目指して山の中を進みます。観光地の列車だけに、車内もゆるーい感じです。窓あけてノリノリの外人さんを見て楽しみます(^ω^)

途中のヴィルダースヴィル駅では、シーニゲプラッテ鉄道のかわいい機関車が迎えてくれます。こちらは、明後日のお楽しみ。機関車見ただけでも超楽しそう。
201408_2_france_swiss_R0045642
途中駅で、ラウターブルンネン行きの車両を切り離して、グリンデルワルトへ進みます。勾配もかなりきつくなって一部はラック式区間もあるみたいですが、そんなのも分からない位、スイスイ進んでいって今日の目的地、グリンデルワルトに到着!夕立があった後みたいで、虹がかかってました。
グリンデルワルト到着。雨上がりの虹が迎えてくれました(^_^)/
グリンデルワルト到着。雨上がりの虹が迎えてくれました(^_^)/
今日から3泊過ごす宿は、なんと駅から徒歩0分、ホームから直接入れるダービーホテルです(^ω^)
今日から3日間泊まります。場所は最高のローケーションだけど部屋はアイガー側でした。
今日から3日間泊まります。場所は最高のローケーションだけど部屋はアイガー側でした。
フロントでチェックイン。元気なフロントお姉さんが、観光ガイドや割引券を山盛りくれて部屋へ。ツアーの部屋ランクはそんなに高くない筈(スタンダードクラス)だけれど、かなり広い部屋に通されました(^ω^)スイスの田舎な雰囲気も上々!旅行会社のセレクトの良さに感謝!

街を散歩、そして夕飯。スイス風カツレツって?

ホテルを出て、ちょっと散歩。モンベルとかがあると聞いていたけれど、店員さんも日本人で驚きました。そのほかお土産屋さんを見て過ごす。今日のところは予習って感じでまた後日来ることにする。
夕飯は迷ったけれど、宿泊しているホテルのレストランへ。メニューも日本語版出してくれて、セーフ(;^ω^) スイス風カツレツにしました。飲み物はお酒飲めないので、勧められるまま、スイスの清涼飲料「リベッラ」にしました(外国らしいちょっとクセありです)
カツレツ(スイス名忘れました)
カツレツ(スイス名忘れました(^_^;) )付け合わせポテトが侮れない量ありました
スイス名物の清涼飲料リベッラ
スイス名物の清涼飲料リベッラ
デザートはプリン
デザートはプリン。メインディッシュ多すぎて、妻とシェアでした。
 スイス1日目は、短時間の観光でしたが、パリとは全然ちがう雰囲気に楽しめました。ベルン市はまた絶対訪れたいですね。