鉄道写真・風景写真などをお楽しみください!

分かりにくいSanDiskポータブルSSDの選び方

SandiskからポータブルタイプのSSDが発売されていますが、Amazonなどで検索すると似たような品名と見た目の製品が複数検索されて非常に分かりにくいです。このページでまとめてみましょう。

本題に入る前に予備知識

USB 3.1とかUSB 3.2って?

はい、いきなり混乱するこの要素。USB-C端子の出現と規格拡張によって、場当たり的に付けられた名称が、わかりにくい状況を生んでいます。簡単にまとめると下記のようになります。

USB 3.1 Gen1x1(= USB3.0, USB3.1 Gen1)・・・5Gbps
USB 3.2 Gen2(= USB 3.1 Gen 2)・・・10Gbps
USB 3.2 Gen2x2・・・20Gbps

尚、インターフェイス規格速度=SSDの速さではないので、ご注意。

Sandisk製品は迷ったら品名を見よ!

Sandisk製品は、わかりやすい指標として製品名には違いを入れています。そもそも規格の違いを超えれれないものもありますが、参考にしましょう。
SDカードなどでもおなじみですが、性能順に
「無印 → Ultra → Extreme → Extreme Pro」
です。

SanDisk ポータブルSSD選び【2021年版】

では、Sandisk ポータブルSSDを安い順にみていきましょう。

SanDisk ポータブルSSD USB3.2Gen2

まずは、無印版。読出最大520MB/秒って言ってますけれど、これがいきなりの罠。誰も書込520MB/秒とは言っていません。はい、ある程度のファイルサイズでは、書込速度が半分くらいに落ちるみたいです。一つ上の製品と価格はほとんど変わらないので、止めましょう。コイツの罠はUSB3.2Gen2規格で、速そうにう見えることです。
向いている要素があるとしたら、1回で数MBの小さい書類を保存することが多いか、読み込みの機会が多い場合でしょうか?

あまり、おすすめしません。

SDSSDE30-480G-GH25 480GB
SDSSDE30-1T00-GH25 1TB
SDSSDE30-2T00-GH25 2TB

※AmazonではExtreme Portableと商品名がありますが、誤植だと思います

SanDisk Extreme PortableSSD USB3.1 Gen2

続いて、エクストリーム版。ストラップを通すための穴が開いている。上の無印版はよりインターフェイスが遅そう(古そう?)に見えるけれど、USB 3.1Gen2はUSB 3.2 Gen2と同じ。
公式には書き込み速度を明かしていませんが、読み込み最大転送550MB/秒に近い速さで、書込も動作するようです。
Mac Book Retina 12インチモデルの方はこちらが最適です。

USB3.0ポートへの接続か、安く済ませたいならば、おすすめです。

SDSSDE60-500G-GH25 500GB
SDSSDE60-1T00-GH25 1TB
SDSSDE60-2T00-GH25 2TB

ちなみにApple Storeオンラインでは、灰x白バージョンが売られていますよ。ケーブルも規格通りに2本付属します。
https://www.apple.com/jp/shop/product/HMLK2ZM/A/sandisk-500gb-extreme-portable-ssd

SanDisk ポータブルSSD USB3.2 Gen2 Extreme Portable V2

一気に価格が跳ね上がりますが、転送速度も倍近くに上がって1050MB/秒 !書込速度1000MB/秒も公式に謳っています。USB3.2Gen2にフル対応SSDです。見た目は同じで分かりにくいですが・・・。
Thunderbolt 3、Thunderbolt 4端子を備えるMac各機種とは最大のスペックになります。Windowsノートもここまで対応が多いと思います(必ず調べましょう)。大容量のファイルを頻繁に扱うならばこちらを選びましょう。

Macとの組み合わせならベスト。大容量ファイル扱うならば是非!

SDSSDE61-500G-GH25 500GB
SDSSDE61-1T00-GH25 1TB
SDSSDE61-2T00-GH25 2TB

SanDisk ポータブルSSD USB3.2 Gen 2×2 Extreme Pro Portable

いよいよ最高スペックExtreme Pro。USB3.2 Gen 2×2対応で、2000MB/秒の読み取り/書き込み速度対応です。ただし、USB3.2 Gen 2×2対応しているPCはごく僅かです。USB3.2 Gen2対応機の場合は半分の速さに制限されますので、ご注意を!

ただ、この製品のみ鍛造アルミ外装になるほか、USB-Cケーブルと、USB3.0 ケーブルが両方付属しますので、堅牢性と規格対応には多少のメリットはあります。

性能を活かせるか、ご確認の上でご購入を!Macの場合は2000MB/秒の性能を活かすことはできません。

SDSSDE81-1T00-GH25 1TB
SDSSDE81-2T00-GH25 2TB

USB 3.2 Gen2x2に対応させたい貴方には、こちらを購入ですね。

おまけ1:Macで最高速度が必要ならばThunderbolt製品!

MacのUSB-Cポートに見えるポートは、あくまでもThunderbolt3または、Thunderbolt4ポートです(12インチMac Bookを除く)。最大速度のSSDが必要ならばThunderbolt製品を購入することになります。
G-DRIVE Mobile Pro SSDは最大2800MB/秒の転送速度となりますが、とても高価です・・・。

NVMe SSDを収めるThunderbolt 3ケースという手もありますが、発熱の問題もありますので、自己責任にてお願いします。

  

おまけ2:規格違反ケーブル?

Amazonのレビューなどを見ているとよく指摘されていますが、SanDiskポータブルSSDに付属するケーブルは基本的にはUSB-CからUSB-CケーブルとUSB-A変換プラグという組み合わせ。しかしUSB-C規格によるとこのUSB-A変換プラグは規格違反品ということになります。SanDiskがこれを付属品にすることは理解に苦しみますが、本製品との組み合わせ”のみ”で使うならば問題ないということでしょうか・・・。
気にするならば、USB-C-A単体ケーブルの購入ですが、なかなか短いケーブルは売っていませんね・・・。